カートをみる ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
 

音羽山ハイキング

5月があっという間に過ぎて行きました。
気づけば、6月に入ってしまっていますが、
ゴールデンウイーク初日に行った音羽山ハイキングの様子をアップします。

4月29日、前日は雨。
京津電車追分駅で下車。
牛尾観音ハイキングコースを歩きます。
追分駅には、ハイキングに行かれる様子の方が、たくさんいます。
駅には、トイレがありません(>_<)
ピンチ!!
山へ入る前には、トイレを済ましておかないと…
駅を出て皆さんの歩く方、西へ歩き始めると
井筒八ツ橋さんがありました。
店舗と工場が一緒になっているようです。
大きな店舗で、活気があります。
こちらでお手洗いを拝借!
ハイカーの列ができています^_^;
店内には試食がたくさん用意されていて、食べ放題的な…!?
お昼に、山頂で食べようと走井餅を購入
八つ橋さんの店舗を後にいざ出発!
と思ったら「へっ?」
どっち行ったらいいんやろ?
駅から皆さんの後をついて西へ歩き始めたけど、後でよく見ると下調べしていた地図では東へ行けと書いてました。
ちょっと迷いながらGoogle Mapのお世話になり、軌道修正。
牛尾観音さんをめざします。
音羽川沿いのハイキングコースを歩きます。


聴呪の滝。
青龍の滝。
夫婦滝。
音羽滝。
滝オンパレードです(^.^)
川を流れる水の音。
芽吹いたばかりの若葉。
鳥の声。
駅からまだ20分くらいしか歩いてないのに、この自然あふれる森に感動です。
出発時はまだ少し曇っていましたが、少しずつ日が差してきました。
1時間ちょっとで、牛尾観音さんに到着です。
立派な巨木が目に飛び込んできます。
とても静かで、力強さの感じられる木です。
天狗杉と呼ばれ、京都市の名木にも指定されているそうです。
山頂目指して再び出発。
このあたりから一気に山深くなっていきます。
誰とも出会わないので、こっちでいいんかなと不安になりますが
案内の標識がしっかりとあるので、安心して進んでいきます。
牛尾観音からちょうど1時間で山頂です。
比叡山や琵琶湖が見え、すごくいい眺めです。
本当なら景色を眺めながらお弁当を食べたいところですが、めっちゃ風が強いので移動します。
じっとしているとどんどん冷えてくるので、食べ終えたらすぐ下山します。
下山ルートはいくつかあるようですが、石山寺に降りるルートを選択しました。
どんどん下りますが、まったくどなたとも出会いません。
ガイドブックには人気のハイキングコースって書いてあったのに…
結局下山するまで、出会ったのは山頂辺りで出会った3組位だけだったでしょうか???
くだりは、息は上がりませんが、膝が…笑います(^-^;
安易に石山寺に行ってみようと、コースを選択しましたが、
歩けど、歩けど…
結局下山に2時間半。


石山寺では33年に1度の日本唯一の勅封秘仏 本尊 如意輪観世音菩薩 御開扉 特別拝観中。
これは何としても見て帰らなくては‼
時間ぎりぎりで、少し走ります。
セーフ!
間に合いました。
ご本尊をしっかりと拝み、御朱印をいただき、おみくじを引きました。
キャーっ!大吉です。
大切に持ち帰ります。
おみくじには、お守りも入っていました。
『爽やかな大空を吹き抜ける春風の如く旺盛な行動力を持ちなさい』と書かれています。
そして、『風はすべて追い風に』と
なんだかとてもパワーがわいてきました。
つつじと藤が満開のお庭を駆け足で見て周って本日の全工程終了です。


2032万歩、よく歩きました。


コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=100004087&eid=98

ページトップへ