カートをみる ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
 

春日山原始林ハイキング

奈良春日山原始林へハイキングに行ってきました(*^_^*)
近鉄奈良駅に10時前に集合し、まずは東大寺二月堂をめざします。
県庁前あたりから鹿の姿が、ちらほら。
南大門へ向かう道あたりからは、鹿せんべいを売るお店も増え、人より鹿の方が多いかも?です。

二月堂では、「お水取り(修二会)」の最中でした。
御祈祷される根っこ付きの竹の松明がたくさん準備されていました。

テレビのニュースなどで見たことのあるこの行事ですが、お松明は3月1日から14日まで毎日あげられているそうです。
知らなかった〜^_^;
みんながお水取りと言っているこの行事ですが、正式には「十一面悔過(じゅういちめんけか)」と言って、私たちが日常に犯しているさまざまな過ちを、二月堂のご本尊である十一面観世音菩薩の宝前で、懺悔(さんげ)することを意味するそうです。
ということで、お線香をあげ手を合わせます。

お線香台を支えるこの方々。
めちゃ愛らしいのですが、誰なんでしょうか?
どなたかご存じじゃありませんか?

二月堂からは奈良市内が見渡せ、とてもいい景色です。
御朱印をいただき、寄り道は終了。
春日原始林ハイク開始です。
まずは若草山山頂をめざします。
が、ここでハプニング!
登山道北ルートを歩くつもりでしたが、冬季閉鎖中でした(>_<)
若草山には入山せず、春日山遊歩道から山頂をめざします。

はい到着!!
時刻は、もうお昼前!
なので、お弁当を食べます。
ここにも鹿が(~_~)

おにぎりをくれと、頭をペコリペコリしておねだりされます。
絶対あげない!!
あげたらだめですよね?
次に鶯の滝を目指して歩きます。
ここら辺は、春日奥山道路というドライブウェイを歩くので時おり車が通ります。
みちは、広くて歩きやすいけど、ちょっとテンション下がります。

石窟仏をみて首切り地蔵に行くはずが、首切り地蔵さんに到着。
分岐ごとに標識が有り分かり易い遊歩道なのに...
道を間違えたようです。
せっかくなので見ておきたいと思い、戻ります。
春日山石窟仏、地獄谷石窟仏を見学。
春日山石窟仏はまるで動物園の檻のような金網に囲われていて、ちょっと見にくい。
保護のためだから仕方ないですね涙(T_T)
もう一度首切り地蔵に戻ってルート確認。
予定では春日山遊歩道を歩くつもりでしたが、ちょっと迷ったりして時間的にオーバーしそうなので、滝坂の道を選びました。
小川沿いを歩きます。
旧柳生街道ということで、とても雰囲気のいい道でした。
このルートでは、朝日観音、夕日観音、寝仏を見られ、結果的には、見どころも多く楽しかったです。
寝仏は、よくよく見ないとわかりずらかったです。
もともとは立像だったようで、倒れたか、上から落ちてきたかで、寝ころんだようになってしまっているようでした。
ここをすぎれば、春日山原始林遊歩道は終了です。
民家が見えてきました。
またまた、鹿出現です。
志賀直哉旧居を外から見物?のぞき見?し、新薬師寺に立ち寄ります。
ぱっと見、地味な作りのお寺です。
が、本堂に入ると薬師如来坐像と十二神将を間近に見ることができ、大迫力です。
伐折羅大将、めちゃめちゃかっこいい!!
溜息がでます。
心穏やかに手を合わせます。
時間は、そろそろ16時半です。
かなり盛り沢山のよくばりハイキングとなりました。

しめに駅へ向かう途中、興福寺にもちらっと立ち寄り、中谷堂でよもぎ餅を購入。

駅前の東向商店街で、お茶して解散。

鹿がトッピングされてます(*^_^*)

2036000歩!!
めちゃ歩きました〜〜〜!

次はどこへ行こう???

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=100004087&eid=95

ページトップへ