カートをみる ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

朱印帳を持って寺院巡りを楽しむ

最近、若い女性たちの間で、寺社巡りの人気が高まっていると言われています。

恋愛成就や縁結び、子宝祈願などを目的としており、

中でも寺社の数が多い京都は人気スポットとして有名です。

■ 有名な縁結びスポット

例えば、世界遺産・清水寺の境内にある地主神社は特に有名です。地主神社の境内には恋占いの石と呼ばれる2つの石があります。

この2つは10mほど離れており、目を閉じたまま片方の石までたどり着ければ、恋が成就すると言われています。たどり着く方法によっても結果が変わると言われ、一度で着けば恋の成就は早く、石までのアドバイスを貰いながら付いた場合は、恋の成就に人の助けが必要になります。

ただ、2〜3度とかかる場合は、恋の成就が遅くなってしまうようです。婚活という言葉が広まる現代、良い縁に巡り逢えるよう、寺社巡りを楽しんでみるのもオススメです。

■ 寺社の違い

寺社巡りはその名の通り、お寺と神社を指しています。この2つの違いを簡単に説明すると、祀られている対象が仏なのか、神なのかということになります。

また、お寺では御本尊を拝見することが出来ますが、神社は御神体を拝見することは出来ません。参拝方法ですが、お寺は山門、神社は鳥居をくぐる前に一礼します。

次に、寺社共通の手順で、手と口を手水舎で清めます。そして御本尊・拝殿の前でお参りをしますが、この際、二礼二拍手一礼をするのが神社、拍手を打たないのがお寺なので、注意が必要です。

■ 御朱印

フリーノート

参拝を済ませた後、参拝の証として御朱印を頂きます。御朱印も寺社によって書き方が違っていることも、御朱印の魅力といえます。御朱印はスタンプラリーとは違うので、きちんと参拝した後、寺社の方の手が空いている時に頂くことが大切です。

この御朱印を収集するために必要なのが、朱印帳です。御朱印は墨を使って書くので、朱印帳は普通のノートではいけません。専用の用紙を使用しているものを用意するようにしましょう。

朱印帳は寺社オリジナルの物が販売されていたり、最近は通販サイトでも取り扱っているので、寺社巡りの際には好みの朱印帳を用意しておくことをオススメします。

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=100004087&eid=63