カートをみる ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

バリケードテープで使用される色が危険と感じる理由

■ 警告色とは

警告色をご存知でしょうか。この色を見ると「危険」という感情が湧く色の事です。

代表的なのが信号機の色です。

■ 信号

信号機の色は赤・黄色・青(緑)ですよね。この信号が生まれたのはヨーロッパのイギリスです。ヨーロッパでは昔から赤は「危険」を表す色として用いられていました。目立つ色であり、遠くからも識別しやすいのが赤色です。また、動物の血の色を連想させる色でもあります。そのため、赤に対して危険といった印象が強くなっているのです。

黄色は明るく前向きな色に感じますが、警告色でもあります。信号で赤に変わる直前には、黄色があります。黄色は明るく遠くからも目に入りやすいので「注意」といったイメージを連想させます。明るい色、派手な色と言うものは無意識の内に目を引くものであり、赤に近い色である事も注目される要因となっているのでしょう。

また、電車の踏切信号の色は黄色と黒の組み合わせです。この組み合わせは危険を知らせる色です。派手で目立つ色である必要がある踏切はもちろん、工事現場や、道路の警告標識、危険な場所に使われるトラロープや、立ち入り禁止のkeepoutテープ、バリケードテープも黄色と黒の組み合わせです。

黒の中で進出色である黄色は膨張して見えます。そのため注意も促されます。また、この組み合わせは自然界でも危険を知らせる色として多く見受けられます。

■ 動物

動物で派手な色をしているものは、毒を持っている事があります。先述した黄色と黒の組み合わせをしている危険な生物としてあげられるのが、蜂です。スズメバチなどは刺されると時には死に至る場合もあります。毒のある動物は、派手な色をする事によって、他の生物が近づかないようにアピールをしているのです。

このような経験から、私達は無意識の内に黄色と黒の組み合わせを注意が必要と捉え、赤を危険であると感じるようになっているのです。立入禁止にしたい場所があるのなら、赤や黄色と黒の組み合わせのバリケードテープを使いましょう。

■ バリケードテープなら

バリケードテープ

当社では、オリジナルのバリケードテープを販売しております。

黄色と黒の組み合わせのほか、赤と白の組み合わせのテープもございます。

当社の通販をぜひご利用下さい。

コメント

[コメント記入欄はこちら]

■ 黒倍王の説明 「黒倍王・・・

黒倍王の説明 「黒倍王」世界に風靡する補腎強壮の精力剤!ED治療に超パワー!新 登場精力剤 この精力剤は効能が強いので、女性を虐待してはいけません。
黒倍王 | 2017-08-19 10:57 |
名前:
URL:
コメント:
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=100004087&eid=61

online payday loans

_??弈????ş?????????_??弇
online payday loans  2014-07-28 18:04

twitter plugin wordpress

_??弈????ş???????弎џ??
twitter plugin wordpress  2014-05-27 06:06

ページトップへ