カートをみる ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

バリケードテープについて

私達が暮らす世の中には危険な場所が数多く存在します。

とくに工事現場などへは近寄らないように避けている人も多いのではないでしょうか。

工事現場だと分かるような表示があるからこそ、

その付近を通った人達が「ここは危険だ」「近寄らないようにしよう」と注意深くなるのです。

工事現場以外でもそうです。事件現場や踏切だって危険となる場所はあちこちにありますから、

その場所を通る際は気をつけなければいけません。

■ バリケードテープとは

バリケードテープ

危険な場所や要注意とされている場所によく見られる「立ち入り禁止」の文字が入ったテープをご覧になったことはありませんか。それがバリケードテープです。標識テープや立入禁止テープ、ディスプレイテープなどとも呼ばれ、危険な場所だけでなくイベントの通路表示や店舗のディスプレイ等でも使用されることが多い万能テープです。

■ バリケードテープの役割

もし危険な場所に危険を示してくれるものが何もなかったらどうでしょう。ここが危険な場所なのかどうかをすぐに判断できない人もいらっしゃいますから、最悪の場合、ケガや事故に遭ってしまう可能性も少なくありません。そこでバリケードテープの登場なのです。「立ち入り禁止」と文字があるだけで、その周辺の人達へ危険をいち早く伝えることができ、万全の注意を払うように促す役割を果たしてくれます。危険をいち早く回避するためには欠かせないものだといっても良いでしょう。

■ バリケードテープの魅力

柱などに縛り付け、簡易的に使用できるので非常に便利でしょう。バリケードテープを通販よりお買い求めなら当店よりご購入ください。日・英・中・韓の四ヶ国語対応のバリケードテープを販売しております。四ヶ国語に対応することで、外国の方とのトラブルを防ぐことを可能とします。

またテープにはPP素地を使用しておりますので、環境にも配慮した地球に優しいものとして安心してご使用頂けます。必要な長さにカットしてご使用ください。

LEDのメリット

家の中を明るく照らす蛍光灯の光。

お部屋に合わせて蛍光灯の種類を変えることで、それぞれ違った光を楽しめます。

照明は人の心に働きかける力があり、仕事などで疲れた心身を癒すなら、

優しい光を放つ蛍光灯やアロマキャンドルなどを使ってみるのもオススメです。

■ LEDとは

LEDランタン

照明で近年、人気を集めているのがLEDです。LEDはLight Emitting Diodeを略した言葉で、発光ダイオードのことを指します。1960年代に赤色LEDが開発され、1993年には青色LED、そして1996年に現在のLED照明のベースとなった白色LEDが開発されていきます。今では環境に優しい新たな光として、様々なシーンで活躍しています。

■ LEDのメリット

【寿命が長い】
LEDの特徴は何といってもその寿命の長さです。一般的に蛍光灯の寿命は約6,000〜12,000時間、白熱電球は約1,000〜2,000時間といわれています。これに対しLEDは約40,000時間も保ち、10年近くお部屋を照らし続けることができるのです。長寿命なので、ランプ取り替えなどの手間が掛からないことも特徴です。
【省エネ】
低い消費電力でありながら、従来の照明と同じ明るさを実現できるのも、LEDの特徴です。そのため、蛍光灯と比較すると約3分の1、白熱灯なら最大10分の1に電気代を削減することができます。
【発熱・紫外線が少ない】
ランプを取り替えようとした時、ランプが熱く火傷したという方も多いのではないでしょうか。しかし、LEDなら熱線が少ないので熱くならず、さらに紫外線も少ないというメリットがあります。虫なども寄ってこないので、虫が多い季節に窓を開けても安心です。
【明るくなるスピード】
通常、蛍光灯などは点灯してから、最も明るくなるまでに時間が掛かります。例えば水銀灯だと10分程度掛かるとされています。その点、LEDは点灯してすぐに明るくなるので、その利便性を高めることができます。

EDは集客ツールとしても活躍しています。中でもLEDライトパネルは、LEDのメリットが詰まったアイテムとして人気があります。LEDライトパネルは内部が光るので、夜間の広告活動もしっかりと行えます。また、中に入れるポスターを入れ替えるだけで良いので、場所を選ばないのもLEDライトパネルの魅力です。

バリケードテープで使用される色が危険と感じる理由

■ 警告色とは

警告色をご存知でしょうか。この色を見ると「危険」という感情が湧く色の事です。

代表的なのが信号機の色です。

■ 信号

信号機の色は赤・黄色・青(緑)ですよね。この信号が生まれたのはヨーロッパのイギリスです。ヨーロッパでは昔から赤は「危険」を表す色として用いられていました。目立つ色であり、遠くからも識別しやすいのが赤色です。また、動物の血の色を連想させる色でもあります。そのため、赤に対して危険といった印象が強くなっているのです。

黄色は明るく前向きな色に感じますが、警告色でもあります。信号で赤に変わる直前には、黄色があります。黄色は明るく遠くからも目に入りやすいので「注意」といったイメージを連想させます。明るい色、派手な色と言うものは無意識の内に目を引くものであり、赤に近い色である事も注目される要因となっているのでしょう。

また、電車の踏切信号の色は黄色と黒の組み合わせです。この組み合わせは危険を知らせる色です。派手で目立つ色である必要がある踏切はもちろん、工事現場や、道路の警告標識、危険な場所に使われるトラロープや、立ち入り禁止のkeepoutテープ、バリケードテープも黄色と黒の組み合わせです。

黒の中で進出色である黄色は膨張して見えます。そのため注意も促されます。また、この組み合わせは自然界でも危険を知らせる色として多く見受けられます。

■ 動物

動物で派手な色をしているものは、毒を持っている事があります。先述した黄色と黒の組み合わせをしている危険な生物としてあげられるのが、蜂です。スズメバチなどは刺されると時には死に至る場合もあります。毒のある動物は、派手な色をする事によって、他の生物が近づかないようにアピールをしているのです。

このような経験から、私達は無意識の内に黄色と黒の組み合わせを注意が必要と捉え、赤を危険であると感じるようになっているのです。立入禁止にしたい場所があるのなら、赤や黄色と黒の組み合わせのバリケードテープを使いましょう。

■ バリケードテープなら

バリケードテープ

当社では、オリジナルのバリケードテープを販売しております。

黄色と黒の組み合わせのほか、赤と白の組み合わせのテープもございます。

当社の通販をぜひご利用下さい。

目立つ看板とは

店舗の前に飾る屋外用立て看板を見るのは、基本的に歩道を歩いている人です。

看板には案内や誘導、宣伝といった効果があり、

通行人の目を引く為には目立たなければなりません。

■ 目立つ看板は

  • 人の目を引く看板にするには、インパクトのある色を使う事が大切です。人の目を引く色は、純色です。純色は彩度が高いため目に入りやすいのです。しかし、同じ純色でも赤や紫と行った色は暗く感じてしまいますし、黄色やピンクといった色は明るく感じます。

    これらの特徴を踏まえた上で、色の組み合わせを考える必要があります。黄色は白に近い色なので紫や赤、青といった色と組み合わせると目立って見えます。

    また、あまりにも彩度の高い色ばかりを使っていると刺激が強くなりすぎ、全体的に見難い看板になってしまいます。配置の面積、使う色の数もあまり多くなりすぎないように注意しましょう。

  • アイキャッチ

    アイキャッチとは、文字や図形、絵、写真などの素材を使って人の目を引くことです。このアイキャッチする素材の事を「アイキャッチャー」といいます。

    文字だけの看板は、どうしても読みづらくなってしまいます。通行人をターゲットにする看板の場合、文字だけでは興味がそそられず、足を止めない事もあります。

    そこで、文字が読みにくくならない程度の写真やイラストを配置すると、どのような趣旨の看板なのかがすぐに分かります。

    文字情報よりも写真やイラストの情報の方が情報を読み取る時間は短くなります。

  • 明るさ

    看板は昼夜関係なく立てています。昼間は陽の光に照らされている看板も、夜になるとライトで照らしださなければ闇に紛れて見えなくなってしまいます。

    看板の上部からスポットライトを当てることや、ライトパネルを使って看板全体を照らすことで、夜でも目立つ看板を作る事ができます。

■ LEDライトパネルなら

LEDライトパネル

目立つ立て看板を作るのであれば、これらの事に気を付けましょう。ライトを使う時に気になるのが電気代です。

今ではLEDライトなどを使って省エネでありながら明るい光源を得る事ができるので、LEDライトパネルがオススメです。

当通販サイトでは、ポスターなどを入れて使用するLEDライトパネルを販売しております。

中身を入れ替える事で簡単に看板ができあがります。価格もお求めやすくなっております。