カートをみる ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
HOME > 清水焼の陶土 > 釉薬(ゆうやく)


素焼きを釉薬であなた色にコーティングしませんか?

商品一覧

並び順:

説明付き / 写真のみ

1件〜10件 (全50件)  1/5ページ
1 2 3 4 5 次へ  最後へ

釉薬 トルコ青釉

釉薬 トルコ青釉(あおゆう) 10L 

10,253円(税込)
結晶釉は、非常に焼成雰囲気、冷却によって変化します。それは結晶核の生成温度すなわち結晶をつくる核が、釉の融け切った段階に生まれるというメカニズムです。その温度域は釉の組成によって異なりますが、1,220〜1,250℃位の温度域ということになります。結晶釉の結晶成長温度は1,100℃を中心とした範囲と考えられます。この温度域において30分〜2時間キープを行う事で、結晶核が大きく成長し、大結晶が析出するとされる。
釉薬 赤結晶釉

釉薬 赤結晶釉(あかけっしょうゆう) 10L 

10,253円(税込)
結晶釉は、非常に焼成雰囲気、冷却によって変化します。それは結晶核の生成温度すなわち結晶をつくる核が、釉の融け切った段階に生まれるというメカニズムです。その温度域は釉の組成によって異なりますが、1,220〜1,250℃位の温度域ということになります。結晶釉の結晶成長温度は1,100℃を中心とした範囲と考えられます。この温度域において30分〜2時間キープを行う事で、結晶核が大きく成長し、大結晶が析出するとされる。
釉薬 白乳マット釉

釉薬 乳白(にゅうはく)マット釉 10L

5,830円(税込)
銅による呈色を応用した釉が銅釉と呼ばれ、緑、ブルー、赤、金などに発色する。緑の織部釉は厚く施釉し、より美しい酸化で焼成する。また、辰砂均窯などは徐冷すると釉中に溶けた酸化銅がコロイド粒子となってより美しく発色する。マット釉には2種類のタイプがあります。焼不足によるものと結晶を密集させるもの、いずれの場合も徐冷にすることが良い結果をみることができます。
釉薬 白鳳マット釉

釉薬 白鳳(はくほう)マット釉 10L 

9,533円(税込)
銅による呈色を応用した釉が銅釉と呼ばれ、緑、ブルー、赤、金などに発色する。緑の織部釉は厚く施釉し、より美しい酸化で焼成する。また、辰砂均窯などは徐冷すると釉中に溶けた酸化銅がコロイド粒子となってより美しく発色する。マット釉には2種類のタイプがあります。焼不足によるものと結晶を密集させるもの、いずれの場合も徐冷にすることが良い結果をみることができます。
釉薬 均窯釉

釉薬 均窯釉(きんようゆう) 10L 

12,207円(税込)
銅による呈色を応用した釉が銅釉と呼ばれ、緑、ブルー、赤、金などに発色する。緑の織部釉は厚く施釉し、より美しい酸化で焼成する。また、辰砂均窯などは徐冷すると釉中に溶けた酸化銅がコロイド粒子となってより美しく発色する。マット釉には2種類のタイプがあります。焼不足によるものと結晶を密集させるもの、いずれの場合も徐冷にすることが良い結果をみることができます。
釉薬 辰砂釉

釉薬 辰砂釉(しんしゃゆう) 10L

14,470円(税込)
銅による呈色を応用した釉が銅釉と呼ばれ、緑、ブルー、赤、金などに発色する。緑の織部釉は厚く施釉し、より美しい酸化で焼成する。また、辰砂均窯などは徐冷すると釉中に溶けた酸化銅がコロイド粒子となってより美しく発色する。マット釉には2種類のタイプがあります。焼不足によるものと結晶を密集させるもの、いずれの場合も徐冷にすることが良い結果をみることができます。
釉薬 織部釉

釉薬 織部釉(おりべゆう) 10L

10,665円(税込)
銅による呈色を応用した釉が銅釉と呼ばれ、緑、ブルー、赤、金などに発色する。緑の織部釉は厚く施釉し、より美しい酸化で焼成する。また、辰砂均窯などは徐冷すると釉中に溶けた酸化銅がコロイド粒子となってより美しく発色する。マット釉には2種類のタイプがあります。焼不足によるものと結晶を密集させるもの、いずれの場合も徐冷にすることが良い結果をみることができます。
釉薬 銀油滴天目釉

釉薬 銀油滴天目釉(ぎんゆてきてんもくゆう) 10L

10,767円(税込)
鉄による呈色を応用した釉が鉄釉と呼ばれ、鉄の呈色による色釉が大変豊富であるが為に施釉、焼成の仕方によって大きく変化する。最近では冷却還元(冷却時に還元をかける)による粘土、釉薬の発色した製品を見かける。<br>青磁釉においては、色の濃淡は釉薬の施釉厚によって異なる。厚ければ濃色に、薄ければ淡色になる。色素を増しても色は濃くならず汚色となるのみです。
釉薬 柚子肌天目釉

釉薬 柚子肌天目釉(ゆずはだてんもくゆう) 10L

9,944円(税込)
鉄による呈色を応用した釉が鉄釉と呼ばれ、鉄の呈色による色釉が大変豊富であるが為に施釉、焼成の仕方によって大きく変化する。最近では冷却還元(冷却時に還元をかける)による粘土、釉薬の発色した製品を見かける。<br>青磁釉においては、色の濃淡は釉薬の施釉厚によって異なる。厚ければ濃色に、薄ければ淡色になる。色素を増しても色は濃くならず汚色となるのみです。
釉薬 飴釉

釉薬 飴釉(あめゆう) 10L 

8,812円(税込)
鉄による呈色を応用した釉が鉄釉と呼ばれ、鉄の呈色による色釉が大変豊富であるが為に施釉、焼成の仕方によって大きく変化する。最近では冷却還元(冷却時に還元をかける)による粘土、釉薬の発色した製品を見かける。<br>青磁釉においては、色の濃淡は釉薬の施釉厚によって異なる。厚ければ濃色に、薄ければ淡色になる。色素を増しても色は濃くならず汚色となるのみです。

1件〜10件 (全50件)  1/5ページ
1 2 3 4 5 次へ  最後へ